意外とディープな婚約指輪

大好きな彼女に婚約指輪をあげるベストな時機は案外簡単ではないし、人によって違うものです。

よくあるのはプロポーズする時にといった人が少なくないみたいですね。

テレビドラマとか映画などでよくある場面ですよね。

女の人からしても、
もらったバラの花束の中に指輪があったり、
雰囲気の良いバーでラストオーダーしたドルチェにそっと指輪があったり…
などのサプライズ演出は最高に感動する事だと思います。

でも、婚約指輪というのは当然きちんとした婚約の記念の品です。
両家が顔合わせする際や結納式の時にあげるといった現実的な事を充分考慮した男女もいることでしょう。

実際、婚約指輪はその男女が結婚の約束をしたといったきちんとした証拠です。

昔から結婚というのは二人のみならず両方の家同士の事とも言います。

その為、その婚約の証拠も、両家が初顔合わせした際に恋人に贈呈するというのは正しい考え方ですよね。

男性方の親が婚約指輪を買ってくれる場合もなかにはいるとか。

女性方の親御さんにちょっとでも息子の良い所をアピールしたいといった親心からなのでしょうね。

さて結納金額というのは、その半額程の品物を半返しとして彼女から彼氏に贈呈するとも言われています。
女性の方へ参考記>>婚約指輪のお返し相場を知って、あなたらしい誠意の示し方を | 女性の美学

この際、結納金として婚約指輪なら、当然指輪の半額が半返しとなりますね。

そうなった場合、彼女側も安易に高級な婚約指輪を依頼出来ないでしょう。

色々と決まり事のあるディープな婚約儀式で男性側も悩める所ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加