ダイヤモンドの品質基準について

ダイヤモンドの品質基準についてまとめています。いろいろ比較してみると、ダイヤモンド買取専門店に依頼することをおすすめします。

よくわかる!ダイヤモンド買取の手順と買取額の比較方法のメイン画像

ダイヤモンドの品質基準について

ダイヤモンド買取を依頼する前に、ダイヤの4Cについてはご存知でしょうか。

ダイヤを買う時に、あれこれ比較して調べたものですが、ここでもう一度ダイヤモンドの品質基準についてまとめておきます。

《ダイヤの品質基準4Cとは》

ダイヤモンドの4Cは、カット、カラー、カラット、クラリティーです。

カットは輝き、カラーは色、カラットは重さ、クラリティーは透明度を表します。

カットはエクセレント、カラーは無色透明、クラリティーはVVS1が最高評価となっています。

カラットはダイヤの大きさと思っている人が多いですが、重さを表します。

1カラットは0.2gです。

《鑑定書にはこれらが記載されている》

ダイヤモンドの鑑定書には、これら4Cが記載されています。

ですから、ダイヤモンド買取の時に鑑定書の有無が聞かれるのです。

鑑定書があれば再度鑑定しなくてもすぐに査定できるということでしょう。

しかし、鑑定機関はたくさんあり、米国宝石学会、中央宝石研究所、AGTジェムラボラトリーが発行したものなら信頼できますが、これら以外だとあまり信頼されないようです。

《ダイヤモンド買取専門店で買取を》

私は鑑定書がないのでなくても買取します、査定額が下がりませんというダイヤモンド買い取り専門店へ依頼しますが、鑑定書がある人はどこでも良いと思っているかもしれません。

鑑定書があってもやはりダイヤモンド買取専門店に依頼することをおすすめします。

正確な査定をしてもらえるので納得できる金額で買取してもらえるはずです。

いくつか買取店を比較してみると差がよくわかるかもしれません。

●参考URL:https://www.vogue.co.jp/special-feature/2015-11/17/gia/page/2